ToshiYasuiBlog

慶應義塾大学大学院システムズデザイン・マネジメント研究科の教員である筆者が、ポストシステム思考・ポストデザイン思考の研究教育のさまざまな試みを自省しつつ、日々の振り返りとして書きつづる

顔が見えるコミュニティだから自立へと: 隠岐・海士町の新たな挑戦

青山さん1

先週土曜日の朝、慶應SDM委員長の前野先生のお部屋に、UターンIターンの成功やさざえカレーなど食材の地域活性化で有名な隠岐・海士町の町役場の青山さんが、「しあわせのコミュニティ」プロジェクト関係者とともに来訪されたのに、同席させていただきました。

UターンIターンの成功とメディアは持ち上げるが、そういう路線の広報はしたことがないとのこと。
実は一貫して、広域合併をせず、過疎自立支援法の補助金もできるだけもらわず、顔の見えるコミュニティとして離島で自立した暮らしを立てていくにはどうしたらよいか、考え行動してきたら、このような活動になったとのことでした。

公的セクターの助成に頼らず、じぶんたちがじぶんたちで食べていける、顔の見えるコミュニティでの地域活性化をやろう。町議会や町役場、商工会、農協などのメンバーをはじめとする地域のステークホルダーが覚悟したのは、人口高齢化と人口減少中でこのままではどうしようもなくなるという絵を描いていた、町の長期財政シュミレーションを共有したときだったのだそうです。

海士町をひとつのてづくりデパートとして、みなが雇用を得て自立する町にしたい。そういう意気込みで10年以上頑張られてきたそうです。コミュニティのしあわせと活性化に、顔が見えるということは本当に大切になのですね。まちつくりが自分ごとになる、ということでしょうか。

青山さん2

地域活性化の成功例として取り扱われることの多い海士町ですが、青山さんはあえてこれから新しい活性化の計画を作っていきたいと展望を語られました。研究者もメディアも海士町を取材し、自在に書いて去っていかれるのだが、海士町の当事者たちが活性化に向けて研究を進めたいというという思いに対して、研究者やメディアの方々とのコラボはあまり多くはなかったそうでした。ちょっと意外でした。

地域活性化のよきツールとしてあげられることの多い、農業、観光、アンテナショップも、流通と販売を地元の手に取り戻さなければ、流通と販売に多くの付加価値を握られたまま、地元は衰退していく、と語っておられたのも印象的てした。

真の地域活性化とは何なのか、金言を多くいただいた2時間でした。とても勉強になりました。

以下のその金言のいくつかをそのまま記します。

「町は定住で補助金など出したことはない。ただひとつやったことは、お店を365日開けること。役場やお店の自分の都合で閉めた店をせっかく来てくれた人に見せても、残念に思われるだけ。」「海士町へはどうやって行くの? 土日にかかってきた電話に、観光協会が親切に対応するだけで、反応はまったく違う。」まさに顧客のリクワイアメントを把握するというシステム分析の第一段階のツボですね。

「島の行商人大募集、島のおかみさん大募集、島の案内人大募集、という海士町の試みは、海士町デパートのバックヤードの仕組みを作るという試み。多くの過疎の町がアンテナショップや観光など、フロントに飛びつくが、大事なのは、いかにバックヤードをしっかり作るかということ。それがなければ赤字続きで続かない。」仕組みづくり、とは、われわれの言葉でシステムを構築するということ。同じ物語を語っていることにびっくりしました。海士町デパートという言葉で、海士町が取り組んでいる地域活性化の試みをひとつの統合されたシステムとして表現しておられました。

「過疎でたとえ自立できなくても、自立しようという試みの中で何かできることがある。それが大事。」そう、ソーシャルイノベーションは、変革への志の海の中でうねって実現していく、非線形の局面をたどるのです。

「町役場も農協も観光協会も商工会も、過疎で町が小さくなっていく中で、自立して小さく、そして自分たちで食べていけるようにしていくことが、今日の海士町を支えている。」自立する社会システムを作るための、ソーシャルイノベーション。「創造的過疎」とおっしゃっておられた徳島・神山町のNPOグリーンバレーの大南さんもそうでしたが、地域でイノベーションを起こす思考の改革の先導役をファシリテーターとして担われておられるのでした。

慶應SDMが進めている、社会システムとして自立している地域の仕組みづくりの研究内容にとても親和性の高い、共感することの多いお考えでした。わくわくした2時間のダイアログ。海士町の青山さん、関係者のみなさま、慶應SDMの前野先生、白坂先生、本当にありがとうございました。

福澤先生の「独立自尊」精神を彷彿とさせる離島の地域活性化の成功例。新たなステージに向かってさらに伸びていっている予感がします。自立した、地域のファシリテーターたちが活躍して、地域の方々がしあわせを価値あるものにする地域活性化の事例を可視化し、構造化したい。そういう研究の意欲を一層かきたてられた至福の2時間でした。




  1. 2013/09/01(日) 18:59:54|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

介護の迷信に挑むダイアログ

高尾先生2

慶應SDMの科目『社会システムのシステムズアプローチ』では、理論倒れにならず、社会システムの学術と現場をバランスよく学ぶため、きらりと光る外部の専門家の先生方に講義をときどきお願いしています。

6/8土の講師は、価値総研の高尾真紀子主任研究員。介護や年金は、国家財政やナショナルミニマムという超マクロでばかり議論されたり、あるいは、介護現場の疲弊と苦労という超ミクロに脚光があたりがち。高尾先生は、「鳥の目・虫の目」を行ったり来たりするように、マクロとミクロのバランスをとりながら、きわめて説得的に分析を紹介していかれます。

高尾先生は、介護、年金、少子化などの分野で、理論と現場の双方に精通する日本でも傑出されたご専門家のひとり。素晴らしいご研究とご経歴を持っていらっしゃるのだが、とても謙虚なお人柄で、温かく学生に接してくださるので、学生たちもとても身近に感じた様子。

高尾先生1

介護のように、「準市場」という、公的性格を持つ市場サービスは、高尾先生がこの本でお書きになっておられるように、要介護者と介護サービス提供者の間の情報の非対称性をいかになくしていくかがカギ。

慶應SDMは社会人学生が大半を占めるからでしょうか、実はこの日の教室の半数以上が、なんらかの介護体験を持っていました。そのせいか、学生たちは真剣そのものの表情で、講義に聞き入り、メモを取っています。これほどメモを必死に学生たちがとる講義は久しぶりでした。

高尾先生3

当初は、ブレーンストーミングや因果ループを使ったワークショップを高尾先生のご講義後に予定していましたが、学生たちのたってのお願いで、講義後は、それぞれの学生が付箋紙に自らの介護についての気づきを書き、それをもとに高尾先生と学生たちがダイアログするという、サンデル先生の白熱教室とワールドカフェを足したような形になりました。ワークショップを設計しているTAや有志学生さんたちのフレキシブルでスポンテイニアスな対応に、わたくしもうれしい驚きです。

高尾先生4

出席した学生たちも、自らの体験をもとに、日本の財政状況や地域差の話など、「介護の迷信」ともいえる数々の「思いこみ」にダイアログを武器に切り込んでいきました。

それにしても、わたくし自身もとても勉強になる貴重な90分間でした。介護施設やサービス付き高齢者住宅の顧客視点というか、ユニバーサルデザインはこの数年ぐっと進歩を遂げていて、お風呂や廊下、台所などでもイノベーションの嵐が起きているのだとか。そして、介護の需給は地域格差が大きく、東京の近郊はこれから介護では大変チャレンジングな状況になるのだとか、これまでいわば「介護の迷信」にとらわれていた自分自身の誤りを正すよい機会をいただきました。介護こそが、イノベーションの最前線なのですね。

高尾先生5

講義と対話の最後に、学生たちは思い思いの気づきを記した付箋紙を、黒板に貼り、高尾先生と対話を楽しんで、チェックアウトしていきました。なかには、上の写真のように、感激のあまり、なぜか「アベノミックス」という名のお茶菓子(旅行のお土産だとか)をお渡ししてしまう社会人学生もいて、教室は笑いの渦でした。高尾先生、素晴らしいご講義とダイアログを本当にありがとうございました。
  1. 2013/06/09(日) 16:41:13|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Happiness is hard. So it's good for business.

Dr.NishimizuLecture1

「人生で変わらぬことはただ一つ。すべては変わるということだ」5/31金の夜も更けて。慶應SDMの特別講義。西水美恵子・前世銀副総裁の静かな、そして教室中を感動させたお話はこうはじまりました。

ブータンの前国王・雷龍王四世に謁見して以来、前国王を心の師と仰ぎ、教えを実践してきたのだといいます。前国王は、日本でも近年注目を集めている国民総幸福(Gross National Happiness: GNH)の発想者で、17歳の即位以来、トレッキングや民泊も重ねて高い山地にあるブータン全土を、国民と対話するために廻ったのだそうです。

西水さんは、前国王の教えにインスピレーションを受け、90年代後半にパキスタンの貧村に住み込み、現地の女性たちの苦しさを身を以て共有する研修を、自らも率先して体験するために始めます。世銀の真のクライアントとは、一日2回の水くみに山を上り下りで何時間もかけて行き、炊事のための薪あつめと子供の世話で一生を終えていくような、途上国の貧しい村のひとたちだからです。

この研修から帰った西水さんはこう宣言して、巨大な官僚組織でもある世銀改革に乗り出します。「あなたの知っていた美恵子はもう死んだ。ここにはいない。」リーダーが頭ではなく、身を以て本気を出さなければ、組織は変わらない。そう、西水さんは話します。

Dr.NishimizuLecture3


西水さんの静かで、しかし心の底からのお話に、何人もの学生がとまらぬ涙をぬぐっています。西水さんの卓抜のリーダーシップ論は最近出版されたされたこの本に詳しいですが、筆者が特に感銘を受けた西水さんの言葉のいくつかをここに記します。

「リーダーシップとはチーム精神を育むこと」
「チーム精神は飛び火する」
「さかさまになりなさい」(筆者注: つねに逆転の視点からものごとを考えなさいという意味にとりました。)
「何ごともリーダーシップの本気につきる」
「世界の優れたリーダーに共通なのは、心と心がつながりやすい、子供がそのまま大人になったようなひとだ」
「ひとはだれでもリーダーシップを持って生まれてくる。赤ちゃんをご覧なさい」

Dr.NishimizuLecture2

西水さんは、日本でも最近ありがちな、ブータンやGNHをただほめそやすだけの、ふわふわとした最近の一部の幸福論にも厳しい目を向けています。幸福という目的実現のためには、手段としての経済成長が必要。だけれど、手段としての経済成長が目的になってしまっては、幸福が実現しません。

もともと、ブータンのGNHそのものが、インドと中国という巨象に挟まれた小国ブータンの高度な生き残りのための安全保障戦略だといいます。西水さんの講義での言葉です。「Happiness is hard. So it's good for business.」わたくしなりのつたない訳ですと、「幸福を実現するのは、とてもしんどいことだ。だからこそ、それを仕事にするに値する。」

この混沌とする東アジアの情勢の下、社会システムのイノベーションを加速して、日本の価値を高めるという安全保障戦略をギリギリと本気になって、お前は取り組んでいるのか? まだ甘いのではないか? 腹の底からそう感じているのか? そう西水さんに問いかけられているように感じ、筆者の自省の日々が金曜日の夜から続いています。

上の2枚のサムネイルは、90年代にブータンで筆者が買い求めた2枚の絵です。いずれもブータンの伝統的なデザイン。上の絵は、動物たちが協力して木の実をとるという協創の絵。そして下の絵は、それぞれの花が曼荼羅というホリスティックな絵柄に通じていくという吉祥紋の絵と聞いています。

当時、筆者はインドに勤務。インドの辺地や貧困地帯で社会インフラを建設するためのファイナンスの仕事をしていました。西水さんと、当時ニューデリーでお会いした記憶がありますが、その日以来、約20年ぶりに再びお会いできたのでした。

担当国のひとつだったブータンにも何度か足を運びました。当時は何も考えなかったけれど、この2枚の絵を買ったことは、慶應SDMで研究したり教えたりしている価値協創や社会システムデザインへの「正夢」だったのかもしれませんね。ブータンという国が、20年のときを経て、わたくしを慶應SDMという現場に立たせてくれているのかも知れません。

西水さん、感動の講義を本当にありがとうございました。西水さんのご決心とはおそらく、万と一以上に違うと叱られそうですが、タテ割を打破して、横につなぎ、社会システムのデザインとイノベーションに本気で共感してもらえるよう、頭と心を同時に共感できる物語を語っていきたいと思います。



  1. 2013/06/02(日) 16:33:24|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

構造化すること、思考バイアスを壊すこと、シフトすること

濱口さん

2週間以上経つが、いまだに興奮というか、頭の中のもやもやというか、思考と直感の渦がおさまらない。日ごろはアメリカ西海岸のポートランドで活動されている世界的ビジネスデザイナーの濱口秀司さんが、超多忙の日程を縫い日本出張中に、慶應SDMに特別講義をしに来ていただいた。5月10日金曜日の夜も更けてのことである。

普段は90分間で終わる講義が、一言も聞きもらすまいとぴーんと貼りつけた空気の中、3時間以上に及ぶ。USBフラッシュメモリーをはじめ、身近な製品サービスに限っても100以上関与されている不世出のイノペーターの講義に、慶應SDMの学生たちが喰らいついていくのだから壮観だった。

普段はメディアや本に出ない濱口さんだが、TED X Portland 2012や東洋経済の雑誌「Think!」誌の今年1月号でのインタビュー記事で、方法論の一部を垣間見せていただいている。

わたくしにとっても、ノンストップの3時間30分の講義が一瞬に思えるほどの感銘を受けた。講義の内容は多岐にわたったが、その中でも、ひとびとの思考パターンを構造化すること、そしてその構造を次々に仮説する2×2軸を使い、バイアスを崩すこと、そしてビジネス-テクノロジ-コンシューマの3面で発想をシフトさせていたくこと。この3つの切り口には特に感銘を受けた。

濱口さんの特別講義のあと、間髪いれずに濱口さんの方法論を使い、徹夜でワークした学生たちもいたとか。一見、禅の公案みたいなやりとりだが、イナヅマのような知的なやりとりが何回も教室を往復していたようだ。手前みそだが、慶應SDMでわれわれが実践している方法論とすごい親和性を感じた。ただただ、うれしかった。


  1. 2013/05/26(日) 13:57:20|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レジリエンスを流行言葉だけに終わらせないには

ProfShimizu

慶應SDMの推奨俯瞰科目「社会システムのシステムズ・アプローチ」。この土曜日午後の隔週の講義では、頭でっかちにならないように、社会システムの多様さが体験として腑に落ちるように、多くの外部講師の先生においでいただき、講義やワークショップ付の演習を行っています。

上の写真は、本日ご講義いただいた、京都大学防災研究所の清水先生。東日本大震災をきっかけに、日本でもようやく注目を集めるようになったレジリエンス(強靭性、打たれ強さ、回復性)という言葉をキーワードに、レジリエンスを社会システムが確保するためには、ベースとしての参加型の政策システムが大事なこと、そしてレジリエンすは単なるハコものの拡充ではないこと、を情熱をこめて話していただきました。さすが、日本の新進気鋭のレジリエンスシステムの研究の第一人者。レジリエンスを単なるBuzzwordに終わらせないシステムマネジメントの講義に、学生たちは興味しんしんで聞き入っていました。

MsHayashi

当科目では、このような座学以外に、政策ワークショップも開催。この写真は、5/11土にいらしていただいた大手外資系証券のMDをされておられる林礼子先生のご講義。林先生はソブリンや公共ものの債券を中心に、債券起債市場の市場関係者としては知らぬ人はいない有名な方。さらに社会貢献活動や企業や社会のダイバシティ確保活動、そして障がい者の方へのボランティア活動にも熱心な取り組みで知られています。

0511WS2

林先生のプレゼンのあと、日本の債券市場の最適ソリューションを考える、熱いワークショップを、デザインプロジェクトで学んだ手法を応用して、行いました。ワークショップのファシリテーションは教員ではなく、ボランティア学生とTAのみなさんです。みなさまの自主性に脱帽です。

0511WS1

社会システムというintangibleでinvisibleなことが多いシステムのソリューションを提案するには、やはりfail fastの原則でどんどん提案していくのがベター。そのためのソーシャル・イノベーションの方法論を、慶應SDMの学生たちがどんどん学んでいる手ごたえを感じています。

  1. 2013/05/25(土) 15:54:11|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前のページ 次のページ

最新記事

プロフィール

toshiyasui

Author:toshiyasui
横浜市港北区日吉の大学院でポストシステム思考・ポストデザイン思考のイノベーション研究をしています。社会システムや政策デザインが主な関心です。

facebook

Toshiyuki Yasui

バナーを作成

これまでいらしていただいた方の数

記事のテーマ一覧

テーマ別にご覧になりたい方はここからどうぞ。

研究 (19)
ワークショップ (23)
メディア (1)
身辺雑記 (5)
その他 (2)
未分類 (1)

ソーシャル・アーキテクトの思考部屋へようこそ

慶應SDMの公開ワークショップOpen KiDS

集合知による社会課題のソリューションデザインはとても大事。新しい方法論を知の地平から見つけていたきたいですね

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

CustomRssReader

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR