ToshiYasuiBlog

慶應義塾大学大学院システムズデザイン・マネジメント研究科の教員である筆者が、ポストシステム思考・ポストデザイン思考の研究教育のさまざまな試みを自省しつつ、日々の振り返りとして書きつづる

イノベーションと社会技術システムについてみなと考えました

今日は土曜日。慶應SDMの春学期の講義で、わたくしが担当する「社会システムのシステムズアプローチ」の一コマをご紹介します。

この講義は、隔週土曜日ふたコマ続きで行われます。一コマ目がわたくしの社会システムに関する座学。社会システムに関する様々なディシプリンと領域に関する先進的な学術的動向を紹介していきます。ふたコマ目は、慶應SDM内のさまざまな研究を行っている先生方や外部の講師の先生方を招き、社会システムに対する多様な視点を履修者に涵養していただきます。

20140426p1

慶應の伝統である「半学半教」。先生・学生の別なく、先に半歩行っている者が半歩後ろの者に学んだことを教えるということを相互にし合うということです。この講義では、社会システムのフロンティアを教えあうことを目的にしているので、「半学半教」タイムを設け、一コマ目の講義の冒頭5分間、志願していただいた学生から、自由にシェアしたいことを発表してもらいます。上の写真は、半学半教タイムで発表する学生で、社会科学をシステムズアプローチで分析するにあたって大事なことを発表しています。 

20140426p2

この日の一コマ目は、社会システムのイノベーションについて。古典的なイノベーション理論から、さまざまなイノベーション理論を「戦略サファリ」ならぬ「イノベーションサファリ」し、ソーシャルイノベーションとソーシャルデザインについても最近の理論動向を俯瞰しました。


20140426p3

ふたコマ目は、慶應SDMの西山敏樹先生による社会技術システムの講義。西山先生のコアの研究領域のひとつである公共交通とモビリティのシステムを例に、技術と社会と制度のシステムインターフェイスをわかりやすく講義していかれます。

20140426p4

テクノロジーと制度の統合の大切さ、生活の質を上げるシステムのふるまい、そしてバスを社会技術システムの視点で分析することの大切さ。学生たちの熱心な質問が相次ぎます。今年の講義の履修者の多くは修士2年生です。修士論文のテーマにも深くつながる可能性もあるので、質問も真剣です。

20140426p5

この科目では、社会システムのさまざまなディシプリンと領域について、時にはワークショップを交えながら、7月まで講義を進めていく予定です。また、折に触れて、慶應SDMの講義のおもしろいところを、ご紹介していきたいと思います。




  1. 2014/04/26(土) 11:43:10|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

| ホーム | 北九州・小倉で協創力のイノベーションを叫び、スパゲティでタワーを創る ! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toshiyasui.blog.fc2.com/tb.php/54-1134090f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

プロフィール

toshiyasui

Author:toshiyasui
横浜市港北区日吉の大学院でポストシステム思考・ポストデザイン思考のイノベーション研究をしています。社会システムや政策デザインが主な関心です。

facebook

Toshiyuki Yasui

バナーを作成

これまでいらしていただいた方の数

記事のテーマ一覧

テーマ別にご覧になりたい方はここからどうぞ。

研究 (19)
ワークショップ (23)
メディア (1)
身辺雑記 (5)
その他 (2)
未分類 (1)

ソーシャル・アーキテクトの思考部屋へようこそ

慶應SDMの公開ワークショップOpen KiDS

集合知による社会課題のソリューションデザインはとても大事。新しい方法論を知の地平から見つけていたきたいですね

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

CustomRssReader

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR