ToshiYasuiBlog

慶應義塾大学大学院システムズデザイン・マネジメント研究科の教員である筆者が、ポストシステム思考・ポストデザイン思考の研究教育のさまざまな試みを自省しつつ、日々の振り返りとして書きつづる

政治学における制度をシステムとして比較すると見えるもの

Hijino先生

慶應SDMの春学期の土曜日は隔週で、「社会システムのシステムズ・アプローチ」の講義。社会システムはカバレッジが広いので、多くの先生方に講義していただく試みを行っています。6/22土は、比較政治システムがご専門の、慶應SDMのヒジノ先生

アクター間の利害対立、制度と規範、政治システムの構造などの基本概念をカギに、政治システムを学術的に比較する楽しさを、豊富な実例を挙げながらご講義いただきました。政治学をシステムズ・アプローチから分析することの興味深さを学生たちは堪能しました。

フランシス・ローゼンブルスらの新制度学派による日本の政治システムの分析など、1990年代から日本の実証研究の蓄積が注目されています。政治学における社会システムを比較していくことで、社会システム論のアプローチが政治学にも有効に機能することを熱情を込めてご講義いただきました。ヒジノ先生、ありがとうございました。






  1. 2013/06/22(土) 15:50:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新記事

プロフィール

toshiyasui

Author:toshiyasui
横浜市港北区日吉の大学院でポストシステム思考・ポストデザイン思考のイノベーション研究をしています。社会システムや政策デザインが主な関心です。

facebook

Toshiyuki Yasui

バナーを作成

これまでいらしていただいた方の数

記事のテーマ一覧

テーマ別にご覧になりたい方はここからどうぞ。

研究 (19)
ワークショップ (23)
メディア (1)
身辺雑記 (5)
その他 (2)
未分類 (1)

ソーシャル・アーキテクトの思考部屋へようこそ

慶應SDMの公開ワークショップOpen KiDS

集合知による社会課題のソリューションデザインはとても大事。新しい方法論を知の地平から見つけていたきたいですね

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

CustomRssReader

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR